家電ライフ【自作パソコンや食品乾燥機は簡単操作で自由に使える】

パソコン

電気で暖める

ヒーター

安全に使える

寒い季節になると恋しくなる暖房設備ですが、今では色んなタイプの製品があるので迷われる方も多いでしょう。部屋を暖めるスピードや電気代などを意識して選ばれますが、最近は化石燃料を使用しない電熱ヒーターが人気を集めています。電熱ヒーターに使われるのはその名の通り、電気でありハロゲンヒーターやカーボンヒーターが該当します。一番の特徴は、非燃焼系であること。不注意からの家事や換気不足で一酸化炭素中毒になるリスクは極めて低く、安全性が高いです。冬になるとニュースで報道される暖房設備での事故は、一般家庭に多く見られる身近な事故です。電熱ヒーターのような安全性が高い暖房設備は、小さなお子さんがいる世帯や高齢者のみの世帯に最適な家電製品であると言えます。

電気代の目安

電熱ヒーターを使用する上で気になることと言えば、電気代。電気で稼働しているので、その分だけ月々の光熱費の負担が大きいと思っている人も少なくありません。しかし、電熱ヒーターは、他の暖房設備と比べて著しく高いものではなく電気を効率よく使用して部屋を暖めてくれます。ちなみに、電気代の目安は通常モードの使用なら1時間で約30円。節電モードや温度を低く設定したら、1時間あたり約16円~17円程度になります。これで計算すると、1日2時間程度の使用でだいたい約2,000円ぐらいになるのでお手頃価格でしょう。また、最近は電力自由化がスタートしていることから、さらに大幅割引になるチャンスもあります。電熱ヒーターを賢く使用して、寒い冬を乗りきる対策をしましょう。

Copyright© 2016 家電ライフ【自作パソコンや食品乾燥機は簡単操作で自由に使える】 All Rights Reserved.